家を綺麗に保つためには鳩駆除やコウモリ駆除を依頼

鳩駆除やコウモリ駆除と併せて、糞をきちんと掃除しよう

鳩の糞を放置した場合の問題

鳩駆除やコウモリ駆除だけでなく、その糞を掃除しないと次のような被害に繋がってしまうため要注意です。どのような健康被害を招くのか見てみます。

鳩の糞をから起こる病気

クリプトコックス症
空気中や土壌に分布するカビによる感染症です。カビを吸入することで喘息などが引き起こされます。通常であれば免疫力でカビの増殖を抑えられますが、免疫力の弱っている年配の人や子ども・体力が落ちている人では症状が悪化します。脳炎や髄膜炎につながることも知られているため、気を付けなければなりません。
トキソプラズマ症
「トキソプラズマ」というとても生物に寄生されることで発症します。世界人口のおよそ3割が感染しているとも言われているものです。健康な成人であれば感染していても無症状で回復しますが、妊娠初期の人の場合は胎児に危険が及ぶことがあります。妊婦さんのいる家庭では特に気を付けなければいけない病気と言えます。
ヒトプラズマ症
鳩の糞などに含まれる細菌を大量に吸入したときに起こる病気です。毒素を直に出す細菌ではありませんが、体内組織の炎症を引き起こすためインフルエンザに似た症状が出ます。発熱や筋肉痛が現れ、放っておくと数週間で自然治癒しますが、免疫不全の人や肺に疾患のある人では、致命的な病状に発展する恐れもあります。糞に近寄らないこと、糞被害を未然に防ぐことが大切です。糞などの掃除も業者に依頼しましょう。

掃除で病気の発症を防ぐ

鳩

鳩は、ベランダや庭に落ちている小枝や針金などを巣の材料として集めています。ベランダや庭の掃除を定期的に行ない、鳩が集まってこないようにしましょう。お菓子や食べくずがあると、それをエサにして糞被害も起こってしまうため、注意しなければなりません。鳩駆除を行なった後も、鳩が集まらないように対策をしっかりと行ないましょう。

TOPボタン